桃花スリムにカフェインの記述はナシ。ただし赤ちゃんのいるお母さんは注意!

カフェインの持つ作用

 

カフェインと言えばコーヒーやお茶に入っている成分として一般に知られています。過剰に摂取することは体に悪影響を及ぼすこともありますが、正しい量を守って摂取すれば、倦怠感や眠気を改善する効果があります。

 

カフェインは脳に働きかけます。お腹に赤ちゃんがいたり、赤ちゃんに母乳でご飯をあげているお母さんは控えた方がいいでしょう。また、カフェインが含有されているのはコーヒーやお茶だけではありません。多くの健康食品にも含有されているのです。しかし桃花スリムにはカフェインが含有されているという記載はありません。

 

もちろん、記載の基準に満たない程度の僅かなカフェインが含まれている可能性はあります。どうしても気にかかる場合は、念のため問い合わせるのもアリだと思います。

 

限定!980円の特別モニターコースの詳細はこちら

 

桃花スリムにはなんと12種類もの材料が!

 

桃花スリムは食物繊維を主とした材料で作られています。その数なんと12種類。一部を紹介すると、黒大豆、はと麦、生姜などです。さらにはローズヒップ、バラ花など、ほのかな香りをつけてくれる材料も含まれています。

 

カフェインが含まれているという記載は、公式サイトにもありませんので、お医者さんに止められている人や、どうしても摂取を控えたいという人も気にせず安心してご使用できます。

 

ですが、一つだけ気をつけていただきたいのは、お腹に赤ちゃんが居たり、母乳で赤ちゃんにご飯をあげてるお母さんです。

 

そういった人はご使用にならないようはっきりと記述がされています。これは、カフェインとは別に、腸へ作用する成分が多く含まれているという理由のようです。また何事も、やりすぎ、飲みすぎは禁物ですので、自分の体調をよく鑑みたうえで使用することが大切です。